トップページ

皆さんは引っ越しを行った時に「この引っ越し料金、本当は高いんじゃないだろうか・・・」と思った事はありますか?
実は引っ越しの料金というのは業者によて様々であり、決められた引っ越し料金というものは存在しないのです。
同じサービス内容でも、業者によって料金が全く違うというのはよくある事なので、絶対に業者選びは「比較して」行わなければなりません。

本サイトは業者選びの便利な方法である「比較見積もり」についての説明と、引っ越し前に参考になる体験談を紹介しています。

おすすめサイト

  • 引っ越し業者を探すなら、一括見積もりが今は基本です。数十社から比較して探すことができるので、料金も最大で50%オフ!無料でサービスが利用できる引っ越し見積もりのサイトでお探しください。

引っ越し、現地見積もりをとる前に

引っ越しが決まったら、まず一番最初にすることは、持っているものの整理です。

引っ越し業者の見積もりは、もちろん荷物の量で決まるからです。営業担当者が各部屋を見て、荷物の量を概算し、トラックの大きさや作業員の人数を決めていきますから、荷物は少なければ少ないほどいいのです。

特に、大きなものでいらないものはすぐに処分しましょう。
部屋の中ばかりではなくて、屋外に置いてあるもの、バイクや自転車なども検討します。
処分と言っても、捨てるばかりではありません。例えば自転車などは欲しい人が案外近所にいたりするもの。声をかけてみるのもいいでしょう。

とくに家族で住んでいる方で荷物を減らすことができるのは、キッチンです。
あまり使っていない食器がたくさんありませんか?次の家なら使うと言うこともないでしょうから、処分しましょう。
フリーマーケットや、時間がなければリサイクルショップなどに持ち込むといいでしょう。

食材も、意外にストックがあったりします。どんどん使っていくことと同時に「引っ越しでご迷惑おかけします。
これ、ストックで買い置きしておいたものなのですが良かったら…」と隣近所に配ってしまうのもいいでしょう。
当日はトラックが道をふさいだり、騒音が起きたりもしますから、こうしたさりげない気配りをしておくことでトラブル回避にもつながります。

洗面所などのストックも、差し上げると喜ばれるものが多いです。
トイレットペーパー、洗剤、柔軟剤…。よほど好みの激しい人でなければ、消耗品は喜ばれるものです。
引っ越しをお知らせするついでに、差し上げてしまいましょう。

洋服も、長い間着ていない物はこれから先も着ないでしょうから、処分をします。
リサイクルショップへの持ち込みや、子供服なら喜ぶ人に差し上げるなどして、とても売れないし着る人もいないという着古したTシャツなどは、ぞうきん代わりにどんどん使って処分します。

引っ越しは「断捨離」をするのにぴったりの機会なのです。

そうして、ものを減らしてから引越し会社の見積もりを取ります。
トラックの大きさがワンランク小さくなるだけでも、数万円の差が生まれることもありますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ